MENU

外国株の取り扱いをしている証券会社は極一部!GMOクリック証券はどうなの?

株の取引を行っているのは日本国内だけではありません。アメリカや中国といった外国株の取引もまた人気を集めています。しかし、外国株を取り扱っている証券会社は極一部となっており、取り扱っている証券会社の方が珍しいというのが現状となっています。では、取引ツールが使いやすく、多くのトレーダーから高い支持を受けているGMOクリック証券は外国株の取り扱いをしていないのでしょうか。

 

実は、GMOクリック証券では外国株の取り扱いは行っておらず、国内株式の取り扱いのみとなっています。ですので、外国株を中心に取引をしていこうと思っている方にとっては不十分な部分もあるでしょう。

 

現在外国株の取り扱いをしているネット証券会社は楽天証券、マネックス証券、SBI証券となっています。ですので普段からGMOクリック証券を利用しているけれど、外国株に興味があるという方はこれらの証券会社に乗り換える必要があるでしょう。

 

外国株の取り扱いを行うメリットについては世界の優良企業に投資をすることができるということです。外国株では怪獣で活躍しているグローバル企業への株式への投資ができるため国内株式の投資だけでは得ることの出来ない醍醐味があるというのも事実です。
特にASEAN主要国の外国株の場合だと今後の経済成長を見込んだ上で収益獲得の機械が広がるとも言われています。その他にも、欧米の企業は配当利回りの水準がとても高いなどいくつかのメリットも存在しています。

 

ただし、外国株ならではのリスクも存在していることも忘れてはいけません。価格変動リスクや、信用リスクの問題点さらには為替変動リスクのことも考えなくてはならないため、初めて株取引を行う方がいきなり外国株から始めるのは少し危険かもしれません。

gmoクリック証券


gmoクリック証券の詳細へ